遠州地域のおいしいお茶!春野茶・掛川茶・袋井茶の3つを飲み比べしてみた〜!

 

実は遠州地方・浜松市内だけでも、

浜松茶・天竜茶・春野茶

などの、ブランド茶が存在しています。

 

お茶といえば静岡市というイメージが強いですが、
静岡県は、土地や気候が、お茶の栽培に適しているので、
静岡県全域で幅広く、栽培が行われているんです!

 

だから遠州地方でも、おいしいお茶ができるんですね〜♪

 

 

今回はひしだい製茶で販売されている、

煎茶 遠州シリーズ
遠州春野茶・遠州掛川茶・遠州袋井茶

を飲み比べてみました♪

 

ひしだい製茶は、袋井市に工場があり、店舗はありません。

オンラインショップがあったので、私はそちらで購入しましたよ♪

ひしだい製茶株式会社
住所   袋井市村松1553
電話番号 0538-42-3231

ひしだい製茶オンラインショップ

では早速、遠州春野茶から飲み比べスタート♪

 

 

遠州春野茶

 

まずは遠州春野茶

img_5173

遠州春野茶は浅蒸し煎茶。
浅蒸し煎茶はさっぱりとした飲み口が特徴のようですよ。

 

パッケージの裏に、おいしいお茶のいれ方が書いてありました。
その手順に沿って、いれてみましたよ!

 

①沸騰したお湯を湯のみに移し、約70〜80℃にさましておきます。

img_5174

温度が高いままいれてしまうと、旨味のあるお茶も、渋味が強く出てしまいますよ!

②1人大さじ1杯を目安に人数分を急須に入れます。

img_1158

①でさましたお湯を注ぎ入れます。

img_5183

③お好みにより30〜60秒程してから注ぎます。

私は濃いめが好きなので、60秒おきました。

 

完成〜♪

img_5187

 

さっそくいただきますっ♪

とてもすっきりした味わいです!
すごく飲みやすいお茶ですね!
渋味がほとんどなく、甘みが強いです。

 

しゅう
とても爽やかですね〜!
夏に冷やして飲むのが良いかも♪

 

遠州掛川茶

 

次は遠州掛川茶

img_5188

遠州掛川茶は深蒸し煎茶です。
深蒸し煎茶は、渋味が少なく、濃厚で深みのある味が特徴。

こちらは春野茶に比べて、茶葉は細かい感じです。
茶葉が細かいのも、深蒸し煎茶の特徴ですよ♪

img_5191

お茶の色は、春野茶より濃いめですね!

 

色が濃いめなので、渋みが強いのかな?
と、思いましたが、旨味が強く、コクがある感じです!
渋みはむしろ弱めで、まろやかな味わいですね♪

 

しゅう
お茶うけがなくても、これだけで満足できるくらい、
味わい深いです♪

 

遠州袋井茶

 

最後は遠州袋井茶

img_5189

遠州袋井茶は、中蒸し煎茶。
中蒸し煎茶は、標準的な時間の長さで蒸されたお茶。
浅蒸しと、深蒸しの良いとこ取りな味わいが特徴です。

 

img_5196

色味は3種類の中間というとこでしょうか(^ ^)?

 

こちらも旨味が強いです!
きりっとしていて、甘みよりも渋みが強めです♪

 

しゅう
きりっとした渋味が特徴のお茶。
甘〜い和菓子と合いそうです!!

 

実はすごい、お茶のチカラ!!

 

ちなみに3種類とも、1袋100g入りで540円と
比較的、リーズナブルなお茶でしたが、どれもおいしいお茶でした。

すっきりとしたお茶が好きな方は、遠州春野茶
お茶の甘みが好きな方は、遠州掛川茶
きりっと渋めなお茶が好きな方は、遠州袋井茶がおすすめです♪

 

私個人的に好みだったのは、遠州春野茶

私は渋みが強いお茶が好みだったのですが、
遠州春野茶のすっきりした味わいにはまってしまいました♪

 

ちなみに、お茶ってなんとな〜く飲んでますが、
お茶のチカラってすごいんです!!!

 

免疫力アップ、成人病の予防、ストレス解消、
記憶力の向上、二日酔い防止、集中力の持続、
食中毒の予防、美肌効果、口臭予防、…などなど!

お茶の発祥の地、中国では、その昔、として飲用されていたくらい、
たくさんの健康効果が期待できるそうですよ!

 

ぜひ、地元のおいしいお茶を楽しんでくださいね♪