【2018ゆく年くる年③】寝るのが惜しい!大晦日なら午前様でもいいじゃない!

年末年始、あなたはお出かけしますか?それともこたつで寝正月??
一年の計は元旦にあり!と言いますよね。この年末年始の過ごし方で2018年の運勢が決まってくるかも?!
出かけるならぜひ『除夜の鐘』を突きに行ったり『初詣』に行きましょう!
「人混みはちょっと…」というあなたも、行く場所や時間帯を考えれば出店やいろんなイベントで賑やかな雰囲気と楽しさに触れられますよ!

そもそも初詣と言って、

『初詣に行くのは、神社がいいの?お寺がいいの?それとも両方??』

 

なんて疑問がいつも出てくるんですよね。
結論から言うと、、、

「どちらでもOK」

です。なんなら両方行っても良いんです!

『そ、そうなのー!!?』という声も聞こえそうですね^^;;
これには日本の歴史が大きく関わってきます。

もともと日本は、神様をお祀りする神道のみがありました。よく聞く”八百万(やおよろず)の神々”というやつです。そこに聖徳太子の時代あたり(今から約1,500年前)に仏教が伝わって、そこからお寺がたくさん出来てきた…というわけです。

神社なんてもともとお社は無くて、お寺に対抗して作られたものだなんて話もあるくらいですね。

長い歴史のなかで日本では仏教も神道も融合して、ひとつのものになっていったのです。この神様はこういう仏様の名前を持っている…なんてことがあるわけです(神社の八幡宮は神様が祀られているが、八幡大菩薩という仏様でもある)

神社と寺院が明確に区別されるようになったのは明治維新からであって、庶民は神社もお寺も自由に参拝していたんですよ。ですからどちらに行っても良いのです。仏教を信仰していればお寺へ、神道なら神社へ行きますし特に信仰している宗教がなければ自分の好きな場所へ行くのが良いですね。

神社であればそれぞれの神様にご神徳があり、お寺でも御本尊の御働きでご利益が変わります。何社も回っていただいちゃいましょう。感謝の気持ちで神仏に敬意を払って参拝してくださいね。

では初詣に行くタイミングは??

初詣は、いつ行くのが「初詣」なのでしょう??

・除夜の鐘を聞きながら年を跨いで参拝する?
・元旦に必ず参拝する?
・正月三が日のうちのどこかで参拝すればいい?

いろいろ考えちゃいますね…。

いったい、いつまでに行ったらいいのでしょう?

もともとは大晦日~元旦にかけて籠った

日本には昔から、一家の長が大晦日の夜から元旦の朝にかけて、神社に「年籠り」(としごもり)する風習がありました。新年を平安に暮らし一家安泰を願いながら。

そして時は流れ、年籠りは「大晦日詣で」と「元旦詣で」に分かれ、この「元旦詣で」が現在の初詣になっていきました。もともとはその年の吉方位(恵方)の神社に参拝し、その年の「歳徳神」(としとくしん)がいて御祈願するものでした。

↓このお方ですね

◆お寺の鐘を鳴らすのはあなた

神社では御籠りをしますが、お寺では除夜の鐘を鳴らします。「コォ~~ン…」と荘厳な音色が大晦日の夜、隅々まで染み渡ります…
除夜の鐘を鳴らすことができるお寺も見られますね。

除夜は、一年の最後の日(=大晦日)の夜。という意味を表し、古い年を除き新しい年に移る夜です。仏教では除夜に鐘を鳴らすことで、心の乱れや汚れ(煩悩)を祓ってくれると言われています。心穏やかに人として成長して幸せに暮らすためにも。

鐘を108回鳴らすのは聞いたことがあると思います。人間が持つ感覚とこの感覚で識別できることが6つ、3つの感情(良い・悪い・どちらでもない)、そこにキレイと汚いに2つ分け、過去・現在・未来の3つに分けると、、、

6つ×3つ×2つ×3つ=108

になるのですね。

もともと鬼を払う意味合いに中国宋時代の儀式(12か月に、24節気+72候の合計が108が事の始まりらしい)が重なったのが始まりでした。他にも四苦八苦(4×9+8×9=108)なんて話も聞いたことがあります。

煩悩が108個あるとは…。自分の悩むことや心を乱すことが108個もあるのですね…私は思い当たる節があります(~_~;)が、あなたはいかがでしょう??

私は除夜の鐘を聴きながら年越しそばを食べますよ。

除夜という年越しのときに食べる蕎麦。江戸時代から定着した風習で、「蕎麦は他の麺類よりも切れやすいから、一年の災厄をここで断ち切る!」という意を込めて食べるんですよ。大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントにのぼり(出典: 年末年始の過ごし方に関するアンケート2011)、日本の風習として今も定着しています。

そんな人たちの中で40%の人が「食べるタイミングはいつなの?!」なんて悩みもあるそうです。除夜の鐘がなっているうちに食べましょう!鐘も夜10時半ごろから鳴り始めますよ。

=============================
除夜の鐘をつかせてくれるお寺もありますので、
除夜の鐘の正しいつき方などと合わせて次回紹介しますね。
=============================

さて今でも初詣は、、、元旦に行くか、三が日過ぎるとなんだかご利益も無さそうで、行きにくいものがあったりはしませんか?

初詣は『松の内(門松や注連飾りを飾っておく期間。一般的には1月7日まで)』に行けばOKです!

まぁ最も、”初”詣なので、新年に初めて参拝するのが初詣ですからね(^_^;;

少し遅れたとしてもOK、なんなら初詣のはしごだってOK!新年一番最初にお参りにいくのが初詣となるので、そのあとに別のお寺や神社にお参りすればご利益が重なるそうですよ。ただし住む地域の神社に行ってから、大きな神社やお寺に行くようにしましょう。

Eシェル編集部で「初詣あるある」集めてみました!

・和服で行くとかなり寒い!中を着込まないと風邪引きそう… (40代/女性)
・おみくじを引くときは可愛い巫女さんに並んでしまう (20代/男性)
・大吉を引くとテンションがとても上がる! (20代/女性)
・おみくじの内容、どの順がいいのかよく分からない… (30代/女性)
・並んで参拝を待っている間に新年を迎えてしまう! (30代/男性)
・参拝しているときお賽銭が頭に当たる! (30代/男性)
・帰ったらフードに小銭が入っていることがあった (30代/男性)
・後ろからのプレッシャーでゆっくりお願い事ができない! (30代/女性)
・行こう行こうと思いながら正月休みが終わってしまう…(30代/男性)

血液型にみる初詣の特徴なんてものもあるだそうですね。完璧主義のA型は参拝ルールを大事にし、欲張りなB型はあれもこれもお願いをたくさん、おおらかでロマンチストO型はグッズやアイテムが大好き、信心深いリアリストAB型はお賽銭を奮発し費用対効果を求めるなどなど、当たっているかどうかはさておき……せっかくの新しい1年始まりのとき、2018年をより良い年にするためにも近くの神社やお寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。

次回は浜松遠州地域の初詣神社お寺のご紹介をします。

ABOUTこの記事をかいた人

藤村紀和

今日もバイクの街はーまつが生んだポンポン「スーパーカブ」で走る、遠州率は100%・歴史(徳川よりも今川派)とスイーツ(毎週ソフトクリーム食べてます)と都市伝説が好きな、セールス売上げ着火ライター